迷惑防止条例 盗撮

痴漢冤罪は弁護士にご相談ください/迷惑防止条例 盗撮

  1. 弁護士 吉田 要介(ときわ綜合法律事務所) >
  2. 迷惑防止条例 盗撮
迷惑防止条例 盗撮に関する基礎知識記事や事例
  • 痴漢冤罪は弁護士にご相談ください

    痴漢冤罪は弁護士にご相談ください

    痴漢冤罪とは、痴漢をしていないにも関わらず、犯人と間違われてしまい、その罪に問われてしまうことを指します。冤罪の場合、逮捕されたという報道や、身柄拘束されてしまうことで連絡が取れなくなることで社...

弁護士 吉田要介(ときわ綜合法律事務所)が提供する基礎知識と事例

  • 痴漢冤罪は弁護士にご相談ください

    痴漢冤罪は...

    痴漢冤罪とは、痴漢をしていないにも関わらず、犯人と間違われてしまい...

  • 起訴と不起訴とは

    起訴と不起訴とは

    起訴とは、被疑者を被告人として刑事裁判で事件を扱うことを言います。...

  • 婿養子の相続権について

    婿養子の相...

    相続が開始すると、民法上の法定相続人が相続することが原則です。法定...

  • 相続放棄申述受理通知書とは

    相続放棄申...

    相続放棄は被相続人の最後に居住していた地を管轄する家庭裁判所に申し...

  • 刑事事件の流れ

    刑事事件の流れ

    刑事事件とは、傷害や痴漢、窃盗などの犯罪行為をしたと疑われる者が、...

  • 触法事件とは

    触法事件とは

    触法事件とは刑事事件の中で14歳未満の少年(男女は問わない)が法に...

  • 冤罪の概要と具体的例

    冤罪の概要...

    冤罪とは、一般的には、行っていない犯罪について、有罪の判決が確定し...

  • 不動産相続

    不動産相続

    遺言や遺産分割協議で相続財産の分け方が決まった後は、不動産や預金口...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申し立てにより、家庭裁判所の家事調停によって...

対応エリア

| 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 埼玉県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 |

ページトップへ